埼玉県所沢市で形成外科、内科、皮膚科をお探しなら、おうえんポリクリニック

【重要なお知らせ】3密をさけるため、状況により受付システムを停止させていただくことがあります。
【マスク着用のお願い】感染予防のためマスクを着用されていない方は院内にお入りいただけません。ご協力よろしくお願いいたします。


HOME > 診療のご案内 > 美容皮膚科

美容皮膚科

レーザー脱毛

当院では安全・安心の施術のため、事前に診察を行っています。
※医療保険は使用できません。

図:レーザー脱毛の流れ
 

効果的な脱毛は、毛の周期(4~6週間おき)に合わせた間隔で行うことが大切です。
当院では2年間有効のフリーパスをおススメしております。
一回毎、またはフリーパス(部位毎に12回、2年間有効)のいずれかをお選びいただきます。
フリーパスの期間は予約券に明記されていますのでご確認いただき、お間違いの無いようにお願いいたします。
※内容や表示金額は予告なく変更する場合がありますので、ご了承下さい。
※フリーパス終了後の延長は、終了月から2か月以内のお申込みに限ります。
※念の為保険証を、ご持参下さい。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとフォトリバイブ(LED)を組み合わせた治療に、さまざまな美容効果がみられます。
LEDは、レーザーでもパルスライトでもない第3世代の光と呼ばれています。

ケミカルピーリングの作用機序

ケミカルピーリングは、化学物質を塗布して表皮を一定の深さで剥脱し、皮膚の再生を促す治療法です。

表皮の角層は、多数の層になった細胞からできています。

一番下の層(基底層)から形を変えながら順次上昇して、最後は角質層となって剥がれ落ちます。基底細胞が分裂・分化して角化する過程は、約40~50日です。

写真:ケミカルピーリング イメージ


このサイクル(ターンオーバー)が加齢などによって遅くなると、皮膚の表面に古い角層が固着して、皮膚がくすんだ色になります。

ピーリングは、古い固着した角層を剥離して基底細胞の分裂を早め、規則正しい角層を新生させます。
また同時に真皮の線維芽細胞を刺激してヒアルロン酸やコラーゲンの産生を亢進させる治療です。


当院のケミカルピーリング

グリコール酸と乳酸のダブルピーリングで浸透性を高めます。

ケミカルピーリング+LED照射
ピーリングに続いて、以下の薬剤を使います。
1:プロビタミン
 ピーリング後の皮膚に浸透してメラニン色素の生成を抑え、線維芽細胞を活性化します。
2:レチノール
 表皮のターンオーバーを亢進させ細かいシワを改善します。

続いてオムニラックス(LED)を照射します。
真皮に深く浸透し細胞内の光受容体に吸収されます。
線維芽細胞の代謝を通常の4倍に高めます。
光線療法に代わって、プロビタミンのパックをする場合もあります。

LED:Light Emitting Diode(発光ダイオード)
415, 633, 830nmの3種類の光線のみを選択的に照射します。
それぞれの波長を目的別に使い分けます。


AHA(グリコール酸、乳酸)の作用

角層の結合力を弱めて剥離を促す

→ 毛孔の角栓除去 (ニキビ)

表皮のターンオーバー亢進による古いメラニンの除去

→ 美白効果

チロシナーゼ活性の抑制によるメラニン生成の抑制

→ 美白効果

線維芽細胞の代謝亢進

→ 皮膚の張り(シワ・タルミ)


レチノールについて

シミ・シワや毛孔性角化症に対して、トレチノイン(0.2%、0.4%等)を使用します。深真内のやや深いシミの場合は、トレチノインとハイドロキノンを併用することもあります。

トレチノインは表皮のターンオーバーを促進してメラニンを排出させる

→ 美白効果

光老化皮膚の改善(真皮膠源線維の合成亢進)

→ 皮膚のテクスチャーと細かいシワの改善


LEDの作用

赤:633nmの光線による線維芽細胞の活性化
超高輝度LEDの優しい光が、真皮のコラーゲンを作り出す細胞(線維芽細胞)を強力に活性化する、肌の回復トリートメントです。痛みや腫れなどはありません。(まぶしく感じますが、決して有害なものではありませんので、ご安心ください。紫外線は含んでいません。)

青:415nmの光線によるアクネ菌の死滅
アクネ悍菌は、『ポリフィリン』という光感受性物質を含んでいます。アクネ桿菌にオムニラックスブルーの光が当るとポリフィリンが反応し、大量の活性酸素が発生してアクネ菌を破壊します。また皮脂腺からの過剰な皮脂分泌を抑制する効果もあります。

白:830nmの光線によるアンチエイジング
オムニラックス830は、近赤外線と呼ばれる波長の光の中でも特に真皮深層への透過度が高く、肥満細胞、貪食細胞、筋線維芽細胞など皮膚の再生に必要な細胞を活性化するのが特徴です。

ボトックス(美容皮膚科)

ボトックス注射によるシワの改善

眉間のたて縦皺、額の横皺、目じりの皺などの表情皺の改善には、ボトックス注射が最も効果的です。 肌が白くてシミがなくても、眉間の皺があると“美しい”と感じられないかも知れません。一方深い皺がなくても、肌が荒れてくすんでいれば、“若々しい肌”には見えないでしょう。そこで、これら全体を視野に入れた、Total Skin Careをお勧めします。これは、健康で若々しい肌、明るく自然な表情を伴った皮膚を取り戻すことが目的です。


自然なリジュベネーション(Rejuvenation)

とLED照射は、皮膚組織を活性化して、シミと細かい皺を改善します。ボトックス注射は、それよりも深い表情皺の改善に最も効果的な方法です。

診療案内

医療法人 健富会 
おうえんポリクリニック 
埼玉県所沢市中富1037-1 
Tel:04-2990-5818