診療のご案内


 

皮膚科診察受付
携帯サイト

診療時間・アクセス

■診療時間・診療日
 こちらをご覧ください。

■アクセス
 埼玉県所沢市中富1037-1
 電話:04-2990-5818
 詳細はこちらをご覧ください。

詳しい地図を見る
詳しい地図を見る

デイサービスおうえん
トップページ > 診療のご案内 > 内科 > 生活習慣病

生活習慣病

高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満・痛風生活習慣病(痛風・高血圧・高脂血症・糖尿病)について

少し血圧が高い、健康診断で血液が「ドロドロ」といわれた、尿の泡が気になる、糖尿かな・・・以前は「成人病」と言われた高血圧・高脂血症・糖尿病は今では「生活習慣病」とよばれます。それだけ診療が必要な人が増えたためです。

--

メタボリック症候群(メタボリック・シンドローム)

最近の研究で血圧の上昇・ほんの少しのコレステロールや中性脂肪の上昇・血糖値の量そして肥満が2つ以上組み合わさると危険状態であることが分かってきました。これをメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)と言います。
食事療法や運動療法がなによりも大切です。

--

メタボリック・シンドローム(代謝症候群)とは

シンドロームX(Reaven, 1988)、死の四重奏(Kaplan, 1989)、インスリン抵抗性症候群(De Fronzo, 1991)、内臓脂肪症候群とも呼ばれる複合生活習慣病です。血糖値や血圧がやや高く、お腹が出てきた人のことをいいます。

メタボリック・シンドロームは、動脈硬化の危険因子である「肥満」、「高血圧」、「高血糖」、「高脂血症」を重複して発症していることがあります。この人達は心筋梗塞や脳梗塞になり易いのです。

肥満に関しては、上半身肥満のうち内臓脂肪型肥満です。また、高インスリン血症もみられます。日本の企業労働者12万人の調査では、軽症であっても「肥満」、「高血圧」、「高血糖」、「高トリグリセリド(中性脂肪)血症」、または「高コレステロール血症」の危険因子を1つ持つ人は心臓病の発症リスクが5倍、2つ持つ人は10倍、3~4つ併せ持つ人ではなんと31倍にもなることがわかりました。

厚生労働省の調査では、高血圧患者数は3,900万人、高脂血症は2,200万人、糖尿病(予備軍を含め)は1,620万人、肥満症は468万人と言われております。これらの患者は年々増加しております。

--

メタボリック・シンドロームの診断基準

米国高脂血症治療ガイドラインとWHOによる診断基準の2種類があります。


米国高脂血症治療ガイドライン

(ATPIII:Adult Treatment Panel III, NCEP National Cholesterol Education Program) (我国には未だありません)では、下記5項目のうち3項目が該当するとメタボリック・シンドロームと診断ができます。

1)ウエスト(腹囲)が男性で102cm以上(日本人では85cm以上)、女性で88cm以上(日本人では90cm以上)
2)中性脂肪が150mg/dl以上
3)HDLコレステロールが男性で40mg/dl未満、女性で50mg/dl未満
4)血圧が最大血圧で130mmHg以上または最小血圧で85mmHg以上
5)空腹時血糖値が110mg/dl以上

WHOによる診断基準

高インスリン血症(非糖尿病患者の上位25%)または空腹時血糖110mg/dl以上に加え、以下のうちの2つ以上をもつものです。
1)内臓肥満ウエスト/ヒップ比>0.9(男性)、>0.85 (女性)またはBMI30以上または腹囲94cm以上
2)脂質代謝異常:中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール35mg/dl未満(男性)、39mg/dl未満(女性)
3)高血圧140/90mmHg以上か降圧剤内服中
4)マイクロアルブミン尿症(尿中アルブミン排泄率20μg/min以上か尿中アルブミン/クレアチニン比30mg/g.Cr以上)

--

メタボリック・シンドロームでは以下のことに注意するようにしましょう。

摂取カロリーを抑制した食事を取り、三食同じ時間に規則正しく食事をとりましょう。
体重減少のために、中等度の運動を毎日30分以上(最低10分以上)行いましょう。
ウエスト(腹囲)、中性脂肪、血圧、血糖値を減らし、禁煙するよう努力しましょう。